seminer

定期研究会

リゾートビジネス研究会 活動実績

2021年度 第7回 定期研究会「ポストコロナ時代における『長期滞在型』『文化・自然体験型』マーケットの可能性」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

新しい生活様式、ライフスタイルの多様化が進む日本における新たなマーケットを探る。

  1. 第1部 「数字から見るロングステイの力」

    講師:一般財団法人 ロングステイ財団 事業部長 主席研究員  川嶋 彩(かわしま あや)氏

  2. 第2部 「世界で注目されるアドベンチャーツーリズムの動向と日本の可能性」

    講師:一般社団法人 日本アドベンチャーツーリズム協議会理事
    JTB総合研究所 交流戦略部長 主席研究員 山下 真輝 (やました まさき) 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

2021年度 第6回 定期研究会「海外リゾートの最新事情と今後の展望(第2弾)」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

アフターコロナを見据えて観光再開に向けて動き出す各国の戦略と具体策を研究する。

  1. 第1部 「アフターコロナを見据えたフランスの観光とリゾート」

    フランス観光開発機構 在日代表/アジア・太平洋 、中近東地区統括責任者 Frédéric MAZENQ (フレデリック・マゼンク) 氏

  2. 第2部 「サステナブルな渡航地、高級リゾート“モナコ”、その魅力とアフターコロナの展望」

    モナコ政府観光会議局 日本事務所 ディレクター シルベスタ典子 氏
    セールスマネジャー 横山 恭子 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

2021年度 新企画「ワーケーション分科会(第2回)」

オンライン開催

定期研究会|リゾートビジネス研究会 | 日本経済社
司会進行:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授 横田 浩一 氏

  1. 1.プレゼンテーション① 「多拠点での働き方について」

    講師:株式会社イトーキ 商品開発本部先端研究統括部  先端技術研究所 所長 秋山 恵 様

  2. 2.プレゼンテーション②「地域とともに新たなライフスタイルを」

    講師:株式会社プリンスホテル セールス&マーケティング本部 マーケティング部 ジェネラルマネージャー 小田 誠 様

  3. ◆「ワーケーション分科会」開催の背景と目的

    ニューノーマル時代、テレワークの浸透により働く場所は自宅以外への拡大が進み、多様で柔軟な働き方がますます広がると考えられます。
    その一つの選択肢である「ワーケーション」。この新しい働き方に取り組むことで、企業、従業員だけでなく、受入側となる地域にもその効果が想定され、まさに「三方良し」の持続可能な取り組みになると考えられています。


    当研究会では会員企業のワーケーションへの取り組みや提供するワーケーション関連製品・サービスの情報発信・共有によるビジネスチャンスの拡大を目的として「ワーケーション分科会」を開催しています。(年4回:2021年5月・9月、2022年1月・3月)

2021年度 第5回 定期研究会「リゾートの地域ブランディング戦略を考える」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

アフターコロナを見据えて、これから求められる地域のブランディングとデザインを考える

  1. 第1部 「プロセス・ベース地域デザインの行方 - 事例を元に」

    講師:株式会社XPJP 代表取締役 エクスペリエンス・デザイナー  渡邉 賢一 氏

  2. 第2部 「地域イメージコミュニケーション 理論と事例」

    地域ブランドコンサルタント 元 星野リゾート 広報・マーケティング担当 石川 愛梨 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

2021年度 第4回 定期研究会「ポスト・コロナ時代に向けた富裕層戦略を考える」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

変化する富裕層の意識と価値観。ウィズ/アフターコロナを見据えて富裕層のニーズとトレンドを読み解く。

  1. 第1部 「世界の富裕層に見る価値観の変化と今後の動向」

    講師:株式会社 S&S investments 代表取締役 岡村 聡 氏

  2. 第2部 「インバウンド回復を見据えた富裕層戦略」

    講師:株式会社小西美術工藝社 代表取締役社長 奈良県立大学客員教授
    元ゴールドマン・サックス証券 金融調査室長 デービッド・アトキンソン 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

2021年度 第3回 定期研究会「沖縄リゾートの現状と今後の展望」

東京・銀座「Sun-mi 高松 銀座7丁目店」

世界水準の観光リゾート地の形成を目指す沖縄。その最新情報と開発動向から今後の展望を考える。

  1. 第1部 「リゾートホテル運営とアフターコロナの戦略」

    講師:IMD Alliance 株式会社 代表取締役 兼 CEO 麻生 宏 氏

  2. 第2部 「データから見る沖縄リゾートの現状と課題」

    講師:琉球経営コンサルティング 代表 築山 大(つきやま だい) 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:フリーアナウンサー 佐藤 友香 氏

2021年度 新企画「ワーケーション分科会(第1回)」

オンライン開催

司会進行:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授 横田 浩一 氏

  1. プレゼンテーション① 「茅野市でのワーケーションの取組みについて」

    講師:森ビル株式会社 都市開発本部 計画企画課 メディア企画部 部長 矢部 俊男 氏

  2. プレゼンテーション② 「沖縄でのワーケーションの取り組みについて」

    講師:NTTコミュニケーションズ株式会社 プラットフォームサービス本部
    アプリケーションサービス部 スマートワークスタイル推進室 室長 川田 英司 氏

  3. ◆「ワーケーション分科会」開催の背景と目的

    ニューノーマル時代、テレワークの浸透により働く場所は自宅以外への拡大が予想され、多様で柔軟な働き方がますます広がると考えられます。その一つの選択肢である「ワーケーション」。
    この新しい働き方に取り組むことで、企業、従業員だけでなく、受入側となる地域にもその効果が想定され、まさに「三方良し」の持続可能な取り組みになると考えられています。


    当研究会ではこの「ワーケーション」に注目をして会員企業同士の情報共有とビジネスチャンスの拡大を目的として「ワーケーション分科会」を年4回開催(4月・9月・12月・3月)する運びとなりました。

2021年度 第2回 定期研究会「日本のリゾートビジネス発展とホスピタリティ」

東京・銀座「Sun-mi 高松 銀座7丁目店」

これからのリゾート発展につながる「おもてなしの心」と「礼儀作法」とは?

  1. 第1部 「リッツカールトンの人材戦略に見る日本のリゾートの可能性」

    人とホスピタリティ研究所 代表 高野 登 氏(前 リッツ・カールトン日本支社長)

  2. 第2部「誰も教えてくれない日本のおもてなし」

    講師:小笠原流礼法宗家 小笠原 敬承斎(おがさわら けいしょうさい)氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:フリーアナウンサー 八木 ひとみ 氏

2021年度 第1回 定期研究会「世界的スポーツイベント開催を見据えて」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

日本のリゾート発展に向けてアフターコロナの環境を検証。国内・海外からの視点で日本の魅力を再発信する。

  1. 第1部 「インバウンド復活の鍵は何か」

    講師:株式会社 羽田未来総合研究所
       代表取締役社長執行役員  大西 洋 氏(元伊勢丹三越HD社長)

  2. 第2部「日本のリゾート 真の魅力と問題点とは」

    講師:元 立教大学 観光学部 客員教授 ピーター・エリック・フックス 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

第10回 定期研究会 「リゾート発展に向けて、 メディカルツーリズムからウェルネス・ツーリズムへ」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

アジアエリアでの富裕層の増加もあり、近年医療を観光資源と捉えたメディカルツーリズムが注目を集めています。
また、リゾートにおいても、マッサージやスパなども含めた、ヘルスケア、ビューティなどを一体で捉えたウエルネスツーリズムも一般化してきました。
今回は、メディカルツーリズムの国際的な流れを国際医療福祉大学の岡村先生に、沖縄でウェルネスツーリズムに携わられている琉球大学荒川教授にご講演いただきました。

  1. 第1部 「メディカル・ツーリズムをめぐる近年の国際動向
    - 注目される健康増進・予防関連領域と次々と登場する新たなサービス形態 -」

    講師:国際医療福祉大学大学院 医療経営管理分野/医療通訳・国際医療マネジメント分野 准教授
    国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 医療マネジメント学科 准教授  岡村 世里奈 氏

  2. 第2部 「コロナ禍で見えてきた次の観光ステージ
    ~ 従来のリゾート観光からの脱却、ジャパンウェルネスの可能性」

    講師:国立大学法人 琉球大学国際地域創造学部ウェルネス研究分野 教授 荒川 雅志 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

第9回 定期研究会 「~ 海外リゾートの最新事情と今後の展望 ~」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

コロナの影響により下火になっていますが、コロナ前までは、中国をはじめとした発展途上国・中進国の所得レベルの向上に伴い、旅行需要は増え世界的なリゾートブームが起こっていました。
 今後、ワクチンの効果などにより、旅行需要が戻るにつれ再び各地のリゾートへの注目が高まると予想されています。今回はコロナ後を見据え、スターツインターナショナルハワイINC 畑 華子様とリスト サザビーズインターナショナルリアルティ タイオフィス 髙田 直永様に現地からライブ中継でリアルな最新情報をご講演いただきました。

  1. 第1部 「 ハワイ住宅不動産 」 ◆ ハワイからのオンラインLIVE ◆

    講師:スターツインターナショナルハワイINC 代表 畑 華子 氏

  2. 第2部 「 Why Thailand? 」  ◆ タイからのオンラインLIVE ◆

    講師:リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ(リストインターナショナルリアルティ株式会社) タイオフィス エグゼクティブディレクター 髙田 直永 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

第8回 定期研究会 「~ 利用者サイドから見るワーケーション ~ 」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

新型コロナの影響によるリモートワークの定着もあり、ワーケーションの認知度・注目度は急上昇しています。当研究会でも、昨年ワーケーションを取り上げてきましたが、今回は 「利用者サイドから見たワーケーション」 をテーマに、実際にワーケーション制度を取り入れているユニリーバ様のご講演と、本年1月から2月にかけて実施しました上場企業に対するワーケーションに関する調査のご報告を行います。

  1. 第1部 「働き方のこれからのカギ: Wellbeing」

    講師:ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長 島田 由香 氏

  2. 第2部 【調査報告】 リモートワークの実施状況とワーケーションへの取り組みに関する調査

    講師:株式会社 日本経済社 執行役員 コミュニケーションプランニング担当補佐 平井 美英子

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

第7回 定期研究会 「~ 再生リゾート ~ 」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

日本のリゾート地ではバブル期の過剰な開発による負の遺産に未だ苦しむリゾートがある一方で、適切な新規投資や新しいターゲットの発掘などにより活況を呈しているリゾート地も存在します。
今回の定期研究会では、近年様々な施策により顧客を取り戻してる「熱海」でご活躍の市来様、「草津」エリアの再生に携わられている北山様を講師にリゾート再生のポイントを研究しました。

  1. 第1部 「観光地・リゾート地のサステナブルなまちづくり〜観光客をまちのファン、そしてサポーター、プレイヤーに〜」

    講師:株式会社machimori 代表取締役 市来 広一郎 氏

  2. 第2部 「草津温泉再生の あの手この手」

    講師:株式会社 北山創造研究所 代表 北山 孝雄 氏

  3. 【調査報告】 緊急事態宣言解除後のリゾート需要に関する調査(速報版)

    講師:株式会社 日本経済社 執行役員 コミュニケーションプランニング担当補佐 平井 美英子

  4. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

第6回 定期研究会 「~ リゾート開発事例と今後の展望 ~ 」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

インバウンドの増加により多くの開発が計画されていたリゾート市場も、新型コロナによる大きな影響を受けています。一方で、有給休暇の取得の義務付けやリモートワークの普及によるワーケーションの認知度のUPなど新たなリゾート需要を創出する社会的な動きも出てきています。このような大きな市場環境の変化の中、新しいリゾート開発の動きや今後の展望、そしてリゾートホテルマーケットの動向を研究致しました。

  1. 第1部 「リゾート開発事例と今後の展望」

    講師:立教大学ビジネスデザイン研究科 特任教授 沢柳 知彦 氏

  2. 第2部 「リゾートホテルマーケット動向」

    講師:株式会社オータパブリケイションズ マネージングディレクター 兼 執行役員 岩本 大輝 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

第5回 定期研究会 「~ ラグジュアリーリゾートと富裕層研究 ~ 」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

世界中のVIPに愛されるラグジュアリーホテルや豪華列車の旅を展開するベルモンド(旧オリエント・エクスプレス)日本法人の伊藤部長。そして日本全国に滞在される海外のウルトラ富裕層のラグジュアリーライフスタイルを実現する株式会社GOYOHの伊藤代表にご講演いただき、立教大学観光学部の庄司教授をファシリテーターとして「ラグジュアリーリゾートと富裕層研究」をテーマにパネルディスカッションを展開。リゾートビジネスの新たな可能性を研究しました。

  1. 第1部 「海外ラグジュアリーリゾートホテル・豪華列車ビジネスの現状」

    講師:株式会社 ベルモンド・ジャパン 日本・韓国地区 営業部長 伊藤 孝弘 氏

  2. 第2部 「富裕層を超えたウルトラ富裕層の動向 」

    講師:株式会社GOYOH 代表取締役 伊藤 幸彦 氏

  3. 第3部 「講師2氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:立教大学観光学部教授 大学院ビジネスデザイン研究科教授 庄司 貴行 氏

第4回 定期研究会 「~ 北海道リゾートビジネス ~ 」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

「Go To キャンペーン」の東京追加など国内旅行の推進が図られている2020年10月、北海道で最も有名なリゾート地であるニセコエリアや新千歳空港の観光客のリアルな現状を分析すると共に新型コロナウイルスの感染拡大と戦いなからリゾートビジネスを活性化させるための施策を研究しました。

  1. 第1部 「ニセコヒラフ観光の歴史と現状」 ※ニセコからのオンライン講演

    講師:一般社団法人 倶知安観光協会 会長/倶知安商工会議所 常議員/司法書士法人ミナカムイ 代表社員 吉田 聡 氏

  2. 第2部 「新千歳空港から見るこれからの北海道観光」 ※札幌からのオンライン講演

    講師:株式会社山ト小笠原商店 取締役 兼  楽天株式会社 コマースカンパニー 地域創生事業 エリアアライアンス部 GM 小笠原 航 氏

  3. 第3部 講師2氏をパネリストとしたディスカッション

    ファシリテーター:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役 横田 浩一 氏

第3回 定期研究会 「~ リゾートビジネスとSDGs ~」

東京・京橋 「ラグナヴェールTOKYO」

コロナ危機の先にあるレジリエントなニューノーマルに向けてSDGsの本質を見つめると同時にサスティナブルな観光に向けた世界的な動向とリゾート地域の具体的な取組を紹介。リゾート企業のSDGs戦略と経営戦略の融合について研究しました。

  1. 第1部 「SDGsの本質 ~企業家と金融によるサスティナビリティの追及」から

    講師:野村総合研究所未来創発センター主席研究員 CePiCメンター共同代表(SDGs Innovation HUB projects 担当) 御友 重希(みとも しげき) 氏

  2. 第2部 「持続可能な観光に関する国際的潮流とリゾート地域の取組」

    講師:国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所 副代表  鈴木 宏子 氏

  3. 第3部 「リゾート企業のSDGs戦略の動向分析 ~SDGs戦略と経営戦略の融合~」

    講師:野村総合研究所 上級研究員/金融SDGs研究会 理事・事務局長 経産省 ISO/TC322 Sustainable Finance審議委員  小林 孝明 氏

  4. 第4部 「講師3氏をパネリストとしたディスカッション」

    ファシリテーター:横田 浩一 氏  慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授/横田アソシエイツ 代表取締役

第2回 定期研究会 「~ これからの働き方とリゾートワーケーション ~」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

新型コロナウイルスの影響により、働き方改革が大きな流れとなっている中、企業のテレワーク拡大の高まりとともに、ワーケーションがさらに注目されています。会員企業からのご要望も多かった「これからの働き方とリゾートワーケーション」をテーマに2020年8月21日に「第2回 定期研究会」を開催しました。

  1. 第1部 「国立・国定公園、温泉地でのワーケーション」

    環境省 自然環境局 国立公園課 国立公園利用推進室 室長補佐 尾崎 絵美 氏

  2. 第2部 「自然を感じながら快適に働く、キャンピングオフィスの可能性」

    講師:株式会社スノーピークビジネスソリューションズ  取締役 事業戦略本部長 藤本 洋介 氏

  3. 第3部 講師2氏をパネリストとしたディスカッション 

    ファシリテーター:横田 浩一 氏 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授 / 横田アソシエイツ 代表取締役

第1回 定期研究会 「~ ニューノーマルへの適応と地域社会との共生~」

東京・京橋 「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」

誰もが予想しえなかったスピードとインパクトをもたらしたコロナ禍による外出自粛生活。暮らしや経済活動はまだまだ手探り状態ではありますが、リゾートビジネス研究会も新たな生活様式、新常態を求める長距離走のスタートに立ち、ニューノーマルへの適応と地域社会との共生」をテーマに第1回 定期研究会を実施致しました。

  1. 第1部 「羽田空港から始まる地方創生 ポストコロナでの取組み」

    講師:羽田未来総合研究所社長 大西 洋 氏 ※元三越伊勢丹HD社長 (日本空港ビルディング100%子会社)

  2. 第2部 「ニューノーマル時代のリゾートとは」

    講師:日経BP 総合研究所  プロデューサー 高津 尚悟 氏

  3. 第3部 講師2氏をパネリストとしたディスカッション

    ファシリテーター:横田 浩一 氏 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授 / 横田アソシエイツ 代表取締役

プレイベントとして実施したリゾートビジネス勉強会の模様をご紹介

第1回リゾートビジネス勉強会
「分譲コンドミニアムホテルセミナー」

2019年7月25日、現在注目を集める分譲コンドミニアムホテルをテーマに第1回リゾート研究会を開催しました。

第1部

「国内・海外ホテルマーケット最新動向」
株式会社 ホーワス・アジア・パシフィック,ジャパン
取締役 高林 浩司 氏

第2部 

「最新コンドミニアムホテル事業事例紹介」
東急リゾート 株式会社
常務執行役員
開発営業本部 本部長 岩澤 宙一 氏

more

第2回リゾートビジネス勉強会
「働き方改革とリゾートワケーションセミナー」

2019年11月26日、各企業が推進する働き方改革とリゾートワーケーションという新しいワークスタイルをテーマに、第2回リゾートビジネス研究会を開催しました。

第1部

「豊かなライフスタイルを実現する軽井沢リゾートテレワーク」
軽井沢リゾートテレワーク協会
会長 鈴木 幹一 氏

第2部

「日本航空のワーケーションの取り組み」
日本航空 株式会社
ワークスタイル変革推進グループ
アシスタントマネジャー 東原 祥匡 氏

第3部

「「ワーケーションの現状と東急バケーションズの取り組み」
株式会社 東急シェアリング
代表取締役社長 小野 隆憲 氏

第4部

パネルディスカッション

more
contact

リゾートビジネス研究会へのご入会・お問い合わせ

豊かなリゾートライフの創出と業界発展を
目指す企業の参加をお待ちしております。

お問い合わせ